Pursuing truth

There is some truth in what I say.
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
科学と科学者のはなし―寺田寅彦エッセイ集
科学と科学者のはなし―寺田寅彦エッセイ集 (JUGEMレビュー »)
池内 了,寺田 寅彦
真理に近づきたい者には必携
RECOMMEND
明日の記憶
明日の記憶 (JUGEMレビュー »)

ボケるとアルツハイマーは違う。おっさんにとってはジャンルがホラー。
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
BLOPPA!
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
母の日
「もどきくんのお母さんってきっと美人だね。」
「なんで?」
「だって、いつもお弁当おいしそうだもん」
「昨日のすき焼きの残りを単に卵で包んだだけじゃん。」

何気ない高校時代の会話だが、20年以上経った今でも覚えている。
田舎のおばちゃんらしく化粧っけなどまったくないし、40歳近くで俺を産んだので白髪も目立った。他のクラスメートにとっては美人どころかお婆ちゃんに近かった。

俺が大学生のとき、最初に乳癌を宣告されたときも、自分で入院の準備をし、勝手に入院し勝手に手術し、勝手に帰ってきた気丈な母親だった。
後でその話をすでに嫁いでいた姉から聞いて、二人で笑った。
癌という驚きはあったが、まだ心のどこかで母親は不死身だと思っていた。

大学4年生のとき、生まれて初めて母の日にカーネーションを贈った。
「いつもありがとう」
たった8文字しか書いてない電報と共に。
たったそれだけでもものすごく喜んでくれた。


結局、それが最後の母の日になった。

親孝行したいときには親はなし。
分かっていても親は不死身だと思っていた。
あんなことで喜ぶなら、もっといっぱいしてあげたいことがあった。
と後悔すると同時に、たった8文字の電報でも、たった一輪のカーネーションでも送っておいて本当に良かった。

presentには、現在という意味もある。

何もできなかったと過去を後悔するより、
今の感謝の気持ちを今、形にしてあげませんか?

e87.com(株式会社千趣会イイハナ)

リンクシェア レビュー アフィリエイト
スポンサーサイト
- | 17:05 | - | -
コメント
コメントする