Pursuing truth

There is some truth in what I say.
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
科学と科学者のはなし―寺田寅彦エッセイ集
科学と科学者のはなし―寺田寅彦エッセイ集 (JUGEMレビュー »)
池内 了,寺田 寅彦
真理に近づきたい者には必携
RECOMMEND
明日の記憶
明日の記憶 (JUGEMレビュー »)

ボケるとアルツハイマーは違う。おっさんにとってはジャンルがホラー。
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
BLOPPA!
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
茶ぁしばく


「茶ぁでも、しばきにいかへん(いけへん)?」

というセリフは、今から20年前の定番であったのだが、
もどきの記憶では、当時「しばく」という動詞は、
人間と茶にしか使わない非常にミステリアスな動詞だったのだが、
現在は、飲食物全般に使われる動詞となった。

というのは、ウソで、使ってるのはごく一部でしょう。

「茶ぁしばく」も20年ほど前のごく一部の流行ではあったのですが、
吉野家に行くことを「牛でもしばきにいこか?」は、当時耳にしたことがありませんでした。
もしも「牛しばく」をはじめとした、飲食物全般に「しばく」を使い始めたのが18年前なら・・・。


言いだしっぺ・・・オレ・・・だったりして・・・。

そんなはずはないですね。

「どんべぇしばく」に、ちょっと責任を感じる・・・。




スポンサーサイト
- | 23:41 | - | -
コメント
コメントする