Pursuing truth

There is some truth in what I say.
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
科学と科学者のはなし―寺田寅彦エッセイ集
科学と科学者のはなし―寺田寅彦エッセイ集 (JUGEMレビュー »)
池内 了,寺田 寅彦
真理に近づきたい者には必携
RECOMMEND
明日の記憶
明日の記憶 (JUGEMレビュー »)

ボケるとアルツハイマーは違う。おっさんにとってはジャンルがホラー。
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
BLOPPA!
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
号泣
またも号泣した。


















録画するの忘れた。
さーて
そろそろ本質に迫りますかね。

昨日の文章にも書きましたが、
もどきの学校で万が一、そんな馬鹿げたことが採用されたら、もどきは暴れます。
実際に、こういうことに関して、暴れた人はたくさんいると思いますよ。

ちょっと賢いサルなら気づく大きな問題ですから、
で、一職員が、つうか、全職員が暴れても校長が決めれば、はいそれまでよ。
なわけです。現実は。

絶大な権力を持たせた(数年前からかなぁ)ので、サル以下が校長になった場合には、こういうことが起こります。

で、そのサル以下を選ぶのは、教育委員会なので、まぁ、自業自得ってことだとも言えるんですがね。

-----------
オリンピックで金メダリストがドーピングしてたってことあるじゃないですか。
ドーピングだけで金メダリストになれるわけでもないし、
そこに辿り着くまでの努力には敬意を払うしかないんですが、
結局、ドーピングしてたら、どんなに凄い人でも汚いやつじゃないですか。
それにちょっと似てるかな。
そういう意味では、こういう類の事件を起こす人ってのは、
向上心があって、能力もある人です。
だからこそ校長になります。
しかし、根っこのところで、真の教育者であるかどうかです。
もどきに言わせれば。
----------
教育者ってのは、その子にとっての金メダルを獲らせる努力をさせる仕事です。
結果は追い求めます。
努力が金メダルなら、もどきは褒めます。
結果が金メダル(まずありえませんが)でも、努力が銀メダルなら叱ります。
----------
教育において結果に責任をとらせると、こういうことが起こりやすくなります。
っていうか、教育における結果って何でしょう?
----------
アホな公務員のせいで、成果主義がどんどん公に入ってきました。

個人的には、公務員と一緒くたに括る考え方がアホの根源だと思っていますが、
みなさんの思い浮かべる公務員ってのは、役所ですかねぇ。
実際には、消防も警察も自衛隊も教員も特殊な公務員であって、一緒くたに考えるととんでもないことが起こるんですが・・・。

極論を言うと、何件火を消したか?が、成果になったら、放火しなきゃならんわけですよ。
火災が起きないことは成果にならんのですよ。
-----------
教育において、結果って何でしょう? 成果ってのは何でしょう?
成果主義を取り入れると、目に見える形にしなきゃなりません。
っていうか、目に見えるものだけを追いかけ始めます。
ここまでは、サルでも分かります。
----------
成果として、目に見えるものだけを追いかけ始めていますから、
大学入試が手っ取り早いです。
-------------

いじめの数とか、不登校の数、
はっきりいって、現実的に、学校で対応できる程度のものとできないものがあります。
成果として換算されるならされるだけ、数字に意味はなくなります。
-----------
アンケートをとるというやり方が流行っています。

(作る側も回答する側も)客観的なアンケートはありえないし、
本来教育ってのは、受ける側が決めるものではありません。

「子供のやりたいように」っていう考え方は、泥沼です。
子供がやりたいようにやっても大丈夫にするのが、教育の本質です。
最初から、やりたいようにやらせるのは教育でも何でもありません。
それを混同している親や教員が増えてきました。
----------
どうも最近、目に見えないものに怯えて、教育が行われている気がしてなりません。
時代は変わりますがね、
使える人間は、どんな時代でもどんな職場でも使えますよ。
使えないやつは、どんな時代でもどんな職場でも使えませんよ。
--------
使える人間にするのが教育じゃ。

小さい頭で考えてみる
282校に増えた。

ま、増えたっつうか、発覚したっつうか、
そもそも、隠してたわけでもないので、
知ってても、みんな見ないふりをしてただけで、
虚偽の報告だとか、知らなかっただとか、
はっきりいって大人げない。

「やらなきゃならないことが、非現実すぎて、対応できるか!」

とか、本音で語る校長はおらんのかいな。

マスコミはキャンペーンをはってるだけですよ。マジで。
学校なんか、重箱の隅をつつかなくても誇りだらけなんだから。(あえて誇りを使ってます)

小・中学校と不登校でも高校に入学してくる世の中ですよ。
学習指導要領には数学を教えろ!となってますが、
上記のような子には、学習指導要領を無視してでも数学じゃなくて算数を教えるべきでしょ?

という意見も言ってみるテスト。
---------------
マスコミっつうか、権力者側が何を狙ってるかということを小さい脳みそで考えてみる。

来年度以降の展望

,茲曚匹里海箸ない限り、学校間の教育レベル(大学入試において)の下克上はなくなる。
学校格差が広がる
9盥仔試の激化
た裕での底辺校の統廃合

いいんじゃないか。
もどきは、ふつうの先生と違って、一人ひとりは大事にしないし、個性の尊重も糞くらえだ。

大学も高校も今の定員の半分にすれば、日本の教育は再生すると結構マジで思っている。

「そんなことをしたら職場がなくなる」
なーんてお題目のように唱えている教員が多いが、わしゃ自分の職場より日本の未来のほうが大事じゃ。

という意見も言ってみるテスト。
-----------
もしかしたら、今のキャンペーンは、違うところから出た可能性も考えねばなるまい。

うーん、もしかしたら、世界史が必修になっているところにツッコミを入れさせるキャンペーンかも知れぬ。
「日本史を必修にしろ!」っていう力がはたらいて・・・

いるはずはないな。

この意見は却下。
------------

ま、あれですよ。
282校(現在のところ)はですね、
やっちゃならないことをやったわけで、ルール的には、アホとしか言えないわけですがね、
見方を変えるとですね、上からの命令に背いてまでも、目の前の生徒の実態に即して、少しでもいい大学に入学させようと奮闘していた情熱のある学校という見方もできるわけですよ。

-----------
もどき自身は、どうかというとあれですよ。
ルールを守って、生徒の学力をできうる限り伸ばします。

かっこいいでしょ?

ところがですね、

.襦璽襪鮗蕕蠅弔帖可能な限りいい大学に入学させようとする

△覆鵑箸靴討任發いぢ膤悗貌学させようとする

あなたが親なら、どっちの学校に子供を行かせたいですか?

もどきが親なら△もしれんなぁ・・・。
うーん,なぁ・・・。

そして、その、△粒惺擦マスコミに今流行のいじめを受けているわけです。

-----------
大学がすべてではない。ってのは言うまでもないことですがね、
このてのきれいごとは、言っても詮無いのですよ。

教育評論家がしゃしゃりでてきて、「目先の結果に溺れた」とか言いますが、
いい大学に入ることは決して目先のことではなく、高校にとってはゴールに等しいと言ったほうが実態に即しています。
だって、保護者がそれを求めてるし、求めるのが当然です。

----------

きれいごとと実態と・・・。
教育ってのは、そのバランスの中で育まれるものです。

滅茶苦茶さでいえば、昔の学校のほうがはるかに滅茶苦茶なことをやっていたはずだし、そんな中で、楽しい学校生活をおくった者もいれば、つまらん学校生活をおくった者もいるはずです。

まぁ、あれですよ。

なんでも自分の人生を人のせいや環境のせいにするなってことですよ。
(ものすごい長文ですが、これが言いたかっただけ)


茶ぁしばく


「茶ぁでも、しばきにいかへん(いけへん)?」

というセリフは、今から20年前の定番であったのだが、
もどきの記憶では、当時「しばく」という動詞は、
人間と茶にしか使わない非常にミステリアスな動詞だったのだが、
現在は、飲食物全般に使われる動詞となった。

というのは、ウソで、使ってるのはごく一部でしょう。

「茶ぁしばく」も20年ほど前のごく一部の流行ではあったのですが、
吉野家に行くことを「牛でもしばきにいこか?」は、当時耳にしたことがありませんでした。
もしも「牛しばく」をはじめとした、飲食物全般に「しばく」を使い始めたのが18年前なら・・・。


言いだしっぺ・・・オレ・・・だったりして・・・。

そんなはずはないですね。

「どんべぇしばく」に、ちょっと責任を感じる・・・。




冬モードき
 iTunes Music Store(Japan)

ソングコードが当たったので、杏里の「スノーフレイクの街角」をDLしました。

時間は切なささえ 想い出にす〜る〜ね〜
Ca〜tch me も〜しもここにあなたがいれば〜
頬ちぎる風も 優しいの〜でしょう♪


すごーくアレンジが好きな曲なんですけどね、
久々に聞きなおすと、なんちゅうか、
メロディーに無理やり日本語を乗せる最近の曲と違って、
一つの音に一つの音節がピタっとはまってて、
女の子のいじらしい気持ちが伝わってくるなぁ・・・


と思うおっさんであった。
よしよし
私信。

「優先順位」
私もこの概念が今の世の中の大きなキーワードの一つだと思ってます。

始まる前から期待しないのはおかしい。
期待するのは勝手だから、期待する。

がんばれ!

小学生に対する外国語教育は、優先順位が最下位に決まっとるがな!

中国において児童の英語教育が成功してる理由は、文法の類似と華僑システムによるところが大きい。
外国語教育に実利を求めるのなら、必修にすべきではない。
無駄ではないが、いろんな面でコストパフォーマンスが悪すぎる。

--------

がんばれ!

詳細はここ
ぎゃぁ
らぶかつ見て死にかけた。
売り方
すこぶるミーハーなおっさんで悪かったな!(挨拶)

昔から、この娘は売れる!(人身売買じゃないよ)
と確信したアイドルはことごとくブレイクさせてきたもどきなんですがね。
ゆかしき娘を品定めさせたら古今無双のかの光源氏をして、「もどき先生の前では、私ごとき風の前の塵に同じ」と言わしめたんですがね。(ギリギリ脳は正常です。たぶん)

長澤といえば、長澤奈央じゃないのか!

長澤まさみが嫌いではないのです。

ここ数ヶ月、犀川助教授の次くらいにテレビを見てないので、世の中の長澤ブームは、マジで長澤奈央ブームだと思い込んでいたのです。(ちょと恥ずかしい)

スペイン語会話、BAAのCM。
ぜーーーーったい、この娘は大ブレイクする!
と思ってたのに、なぜだ?
もどきの眼力もここまでなのか?

いえね、全く売れてないわけじゃないですよ。
それなりにテレビに出てますがね。
なんつうか、もどきの予想をはるかに下回ってるわけですよ。

事務所はやる気あんのか?
と思ったら、やっぱ途中で事務所もレコード会社もかわってる。

今はavexか・・・。
検索、検索っと。
PV見た。
なんじゃこりゃ!

この娘をエロ系で売るのはもったいないんだよ!
なんじゃあのメイクは!ゴルァ!(結構マジで怒ってる)

もう22歳、もったいない。
もどきがプロデューサーなら、3年前にはブレイクさせてたぞ!マジで。



長澤まさみの売り方はうまいな。
公(おおやけ)は、公。
国民年金保険料の無断免除

もうみなさんご存知でしょうが、簡単にいうと、

公務員というものが、数値目標というものを立てて、それに向かってがんばった結果です。

はっきりいって公務員つうか、TOPが馬鹿なもんで、
年金保険料の納付率を上げる目標を立てちゃったわけですよ。
で、サラ金みたいに取り立てるわけにはいかないですから、
つまり、納付する人(分子)は増えないから、納付しなきゃならない人(分母)を減らせ!
ってことになるわけですよ。
大阪だけが叩かれてますが、全国でやってることです。

もっというと、納付率を上げるってのは、国の方針です。
で、国自体も納付する人は増えないって分かってるので、分母を減らすために免除になる条件を拡大してるわけです。
で、それでも、目標数値達成にはおっつかないので、片っ端から免除にして、それで今回明るみに出たっていうだけのことです。

今まで払わなきゃならなかった人も免除するのは国の方針です。
納付率を上げるのが目標だからです。

これを四字熟語で言うと・・・
みなさんご唱和をお願いします。

せ〜の!


『本末転倒』


で、ですね、ここまで読んでくださった方は、是非、ここから真剣に読んでほしいんです。

今回のことは所詮、お金ですから、いざとなれば日本銀行で印刷すればいいだけだし、もう一回バブルがくるとか、子供がじゃんじゃん産まれるとか、文字通り、金で済むわけです。

さて、この公務員にとっての数値目標。
教育にも当然、導入されました。

さて、どんなことが起こってるのでしょうか?

個人にとっての進路なんて、千差万別で、どの道がいいかは誰にも分かりませんが、当たり前のように、「国立大学に何人入れるか」ということが目標になったりします。

センター試験の平均点を△00点にするとか、
検定試験の合格率を上げるとか・・・。

で、当たり前のように、国民年金保険料の納付率を上げることと同じことが行われ始めたのです。

○○県(うちじゃないよ)は、県一丸となって、センター試験の平均点を上げるために、点数が低いと予想される生徒には受験させないっていう馬鹿げたことを・・・。

検定・資格試験の合格率を上げるために、確実に合格する生徒しか受けさせない・・・なんていうことが・・・いたるところの学校で・・・。


頼むから、ふつうに仕事するから、数値目標立てるの止めてくれ。
独り言 | 20:46 | - | -
愛国心
教育基本法について一応言及しときましょう。

国を愛する態度になったんでしたっけ?

態度

なんつうか、心底、どうでもいいです。
教員にあるまじき言い草だと言われようが、
もどきは教員のあるまじろだから別にいいんです。

もどきは、右翼の組合員だから、別にいいんです。

話は変わりますがね、
地元の国立大学ってのは、県民にとっては、ある意味、東大・京大に匹敵する最高学府なんですが、今年の入学式みたら、90%が茶髪なわけですよ。
だから、心底どうでもいいんですよ。

私ゃ、世界中の民族が黒髪に染めたくなるような日本人を育成するだけなんですよ。

しかしですね、口では憲法の次に大事な法律だとか言っといて、現実には教育というものに対して畏敬の念をもっていない人が教育を変えると、底辺・下々としてはやってられないわけですよ。

「あのね、君の小さな脳みそで思いつくことは、人類が300万年かけて、全部試してきてるんだよ。」

独り言 | 22:48 | - | -