Pursuing truth

There is some truth in what I say.
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
科学と科学者のはなし―寺田寅彦エッセイ集
科学と科学者のはなし―寺田寅彦エッセイ集 (JUGEMレビュー »)
池内 了,寺田 寅彦
真理に近づきたい者には必携
RECOMMEND
明日の記憶
明日の記憶 (JUGEMレビュー »)

ボケるとアルツハイマーは違う。おっさんにとってはジャンルがホラー。
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
BLOPPA!
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
お世話になっている人に
はっきり言って、四捨五入で40歳なのだが、
これでも、見た目も言動も若いので、
職場の飲み会なんかでは、まだまだ奢られることが多い。

そのこと自体はうれしいことではあるが、
こちらも何かせねばなるまいと思って、
日ごろお世話になっている人には、
何か特別な日に何かを贈ろうとしているもどきではある。

そういうときのもどきは、
何を贈れば喜ばれるかなぁ・・・。
などと一応、真剣に考える。

昨年は忘年会の幹事だったのだが、
少ない予算の中で、ビンゴの商品を福袋形式にそれなりのものを仕上げた。

そういうわけで、職場でお世話になっている人はみんな酒飲みなので、
忘年会に酒でも持っていこうかと思っている。



これにすっかな。



神無月
まぁ、あれですよ。

神無月も、あと4日なんですけどね。

全国の神様は、出雲に集まって、誰と誰を結婚させるか話し合ってるらしいんですがね、ちゃんともどきの話題は出たのか?

もし、ここ見てたらちゃんと議題にするように!
本末転倒
世界で一番嫌いなことは、本末転倒。
世界で一番好きなことは、お風呂で読書。
世界で
・・・。

今日もオチを考えるのがめんどくさくなったもどきです。

もうね、ポイント貯めるだけのために、ブログを10個も作ったんですけどね、あれですよ。
一応、ここが一番古いんですけどね。
はっきりいってここが一番の閑古鳥ですよ。

どうでもいいようなことを書いてるとこが、一番アクセスがあったりするんですが、やっぱり学力低下のせいですかね・・・。
まったく本末転倒なわけですよ。

よく考えたら、ここもどうでもいいこと書いてました・・・。







子供たちよ 食え!
今回の核実験で、一つ思ったことを書こう。

質量保存の法則というと誰でも一度は耳にしたことがあると思う。
化学反応の前後でその質量は変化しないっていうやつだ。

我々の日常生活では、そう思っていても差し支えない。

ところが、化学反応の前後で総質量が変化する反応がある。

そう、それが核反応でごんす。(北に対する威嚇のつもり)

核反応の後で質量が減ります。
その減ったぶんは何かというと、エネルギーです。
エネルギー実体の定義は知らんが、とにかく莫大なエネルギーでごんす。

測定できるかできないかのわずかな質量の減少が、イコール、莫大なエネルギーなわけです。
日常生活では、質量保存の法則で構いませんが、実体をあらわすのは、質量にエネルギーを含めたエネルギー保存の法則が正しいわけです。

まぁ、何が言いたいかというとですね、
核反応後の質量の変化ってのも、それが測定できる技術ができたから、生まれたわけですよ。

日常生活では、質量保存の法則で構わないと申しましたが、そんな原理にもどきは騙されませんよ。

100gのごはんを食べて、100gのおかずを食べて、100gの水を飲み、
200gのうんこと100gのおしっこをする。
ここまでは質量保存の法則です。

よーく、考えてください。

核反応ですら、その化学変化における質量の減少は微々たるものです。そして莫大なエネルギーを放出します。

ってことはですよ、
我々の日常生活での化学反応後の質量の減少を測るだけの測定技術がまだないだけじゃないかもしれませんよ。

これには、ぜーーーーーったい自信があるもんね。

子供なんてのは、太るか太らないかは体質であって、
子供は基本的に、食うもんです。

約1万人ほどの子供をみて確信できるのは、
強いやつは、とにかく食う。体型は関係ない。
驚くほど食う。
食えないやつは弱い。
全国大会出場レベルの子は、ふつうの子の2倍以上食う。

測定できないほどの質量がエネルギーに変換されてると仮定すれば説明が付く。

天文学的数字の小ささの差でも、エネルギーに換算すれば莫大である。

とにかく、食え!
そして、動け!
備忘録
ちょっとゆっくり考えたいこと。

キーワード

.妊献織
▲ぅ鵐拭璽優奪
C作権
じ朕余霾麒欷
ィ to P
plalaの対応と日本政府の対応
Г修譴紡个垢詈得府の対応
日本政府の翻意
mixiをはじめとするSNS

哲学の問題ってのは、答えがないように見えますが、偶々、自然科学の答えと同じになるとき、ふと真理の顔をのぞかせるのです。
偶々であることが条件です。
できるだけ客観的に
26人・・・すげぇ。

何度も申しておりますが、世界一素直なひねくれ者のもどきとしては、この26人という数字に驚愕するわけですよ。
各県に一人いないわけですよ。
心からさすが警察!と思うわけですよ。
今月の時点で、昨年を一人上回るっていってもですね、
昨年の取り締まり方と今年の取り締まり方は同じじゃないでしょうに。

ま、こういうことに関しては、もどきの考え方が間違ってるかもしれんと承知はしてるんですがね・・・。
なんつうか、例えば、
30km制限の道を、40km制限に緩和したら、事故の起きる確率は増えると思うんですが、60km制限の道を70km制限に緩和したら、事故は減るかもしれんと思うわけですよ。

狭くて、いつ人が飛び出してくるかわからんような道は、ゆっくり走らせればいいんですが、見通しがよくて広い道でとろとろ走ってることに関しては、眠気とストレスが起因する事故とスピードのせいで起こる事故とのリスクとリターンの関係性を見極めなきゃならんということですよ。

一つのことだけですべてを判断しても、それが世の中全体のメリットになるとは限らんのですよ。

論点がずれてきましたがね、

つまり、日本が飲酒運転0の国になったとき、そういう国で生きることが幸せとは限らないかもしれない・・・ということです。
とんと
最近、まったく新聞もテレビも見てなかったんですが、あ!、らぶかつ見た。
久々にニュースを見たら、北の国が実験するらしいですね。
なんつうか、もはやまったくテレビの論調は信用してないので、なんか北が孤立する孤立するって言えば言うほど、裏の裏まで読んで、もしかしたら現実には北が世界の王になるんかいな?
っていうくらい、マスコミの論調と正反対に物事を考えるようになった世界一素直な少年もどきです。こんばんわたしバカよね♪

北のやることは、もはや想像つかないんですが、
北の言い分に関しては、もしかしたら日本のマスコミが報道するような孤立感はない可能性があると思うわけですよ。

国内の報道ももはやジャーナリズムの欠片もない日本のマスコミですから、
まして、海外の報道に関しては推して知るべしなわけですよ。

はっきりいって、どーでもいい総裁選のせいで、今回の国連総会に出席しなかったわけですが、もしかしたら孤立してるのはアメリカと日本ってことはないでしょうね?

ま、テレビと新聞見ないもどきにとっての世界情勢は、半径50km程度なんですが・・・。


プラス面とマイナス面
ちょーど田舎に(ちょうどの田舎じゃなくて)転勤して、
もう半年。
変わったことと言えば、深呼吸の数ぐらいでしょうか・・・。

今日も、昼飯後に一服しようと外へ出て、軽く背伸びをして、深呼吸をはじめたんですがね。
ふと思ったのですよ。

このうまい酸素ですがね。
鉄をも腐らせる毒なわけですよ。

数百年、数千年を生きる植物とは道を異にして、
我々動物の先祖は、酸素という毒を摂取することで寿命と引き換えに活発に動くことを選んだわけです。

ガソリンしかり、核エネルギーしかり、エネルギーを出せば出すほど劇薬なわけです。

「毒にも薬にもならん」という言葉がありますが、これは知的動的活動生命体にとっては最も無駄なものに対する称号といえます。

我々は、たとえマイナス面があっても、プラス面がそれを少しでも上回れば、それを恐れず創り出し、利用して進化してきたのです。

例えば、尿酸と天才でぐぐりましょう。

面白いことに、サルやネズミなどの多くの哺乳類は「尿酸オキシダーゼ」という酵素を持っており、体内で発生した尿酸を分解してしまうのですが、人間はこの酵素を持っていないのだそうです。進化の過程で人間は尿酸を貯め込むようになり、その結果他の動物にない高い知能を獲得した――と考えればうまくストーリーがつながってしまうわけです。
有機化学美術館 分館より一部抜粋引用


上記は仮定ではありますが、もどきは真理にちかいと思います。

プラス面がマイナス面を上回る、もしくは差し引き0であっても、人間てやつは太く短く、静より動、無感覚より痛みを選択した生き物だと思います。


だから、もどきはタバコをやめない。

というオチにもっていこうと思ったんですが、最後まで真面目にいきましょう。

今の日本は、必要以上にマイナス面を恐れている。
マイナス面を恐れることは必要だが、非常に大きなメリットがあるにもかかわらず、小さなデメリットを恐れて萎縮している。

メリットとデメリット、リスクとリターン。
リスクとリターンの差とリスクヘッジのコストをちゃーんと考えてから、改革してくれよな。あべさん。




基本的に
例えば、100万円のポイントを参加者全員に山分け還元!
ってなキャンペーンがある場合。

主催者側は、少しでも参加者を増やそうとする、あるいは、顧客の囲い込みを意図してるキャンペーンです。
では、参加者側としてはどうか?
参加者は一人でも少ないほうがいい!に決まってます。

これが、有用な情報はネットには表れないという本質です。

もどきとしてはよかれと思ってやってることも、他の参加者からはよく思われないということを過小評価していたような気もするので、かなり記事を消しました。

参加者の多寡に拘わらないことが前提で、おっさんのためになる情報かもしれないものを提供することにします。

で、昨日のにちゃんの感想結果を書いてなかったですね。

現時点で本を最も安く手に入れる方法は、
1000円分の本をヤマダ電機で買うのがぶっちぎりのようです(約40%還元)。
とは言っても、帰り道に本を扱ってるヤマダがない人にとっては交通費で還元分をペイできません。

で、現時点の第1位は
3000円分の本を買う場合、ポイントサイト経由で、TSUTAYA Wカードを使ってツタヤオンラインで買うのがベストのようです。(約15%還元)
ポイントサイトを経由しなくても、12.5%還元、Wカードじゃなくても11%還元ですから、ようやくamazonに一矢報いましたね。

本の粗利は30%弱なので、メーカーと法律が変わらない限り、この辺が限界でしょう。

3000円分未満の場合は、ポイントサイト経由で楽天ブックスですね。楽天カードをうまく使って、8%還元ってとこです。
もちろん、インフォシークポイントメールや期間限定ポイントを使って本を買えば、楽天ブックスがぶっちぎりです。

楽天スーパーポイントとTSUTAYA Tポイントは等価交換できるので、しょっちゅう本を買う人は両方の会員になっときましょう。

いろんなポイントを交換する際、無駄にならないために一応ここで確認しましょう。






やってはいけないこと
国民の義務って、習いましたか?

労働の義務
納税の義務
教育を受けさせる義務

これをさせないってのは、端的に言うと国家の崩壊に結びつくわけです。

小学校1年生に、百叩きの刑と、一週間勉強させない刑は、後者のほうがダメージが大きいのです。まじで。

今回はその話がメインではありません。
飲酒運転でクビの話もしたいのですが、それも今回の話ではありません。

今回お話したいのは、5年後に日本人がイグノーベル賞を獲れるかどうかという話です。

学問なんてのは無駄の中に真理と神がおわすのです。
過去を遡れば、一見馬鹿馬鹿しいと思われることにも日本の受賞者が名を連ねています。
まじめに、誇ることです。
本家のノーベル賞にしても、一歩間違えれば、無駄な研究、紙一重で日の目を見た研究が少なくありません。
それが研究の本質です。
そこに価値を見出さない国や文化は遅かれ早かれ滅びます。

あれ! 国民の義務と話がずれてるぞ・・・。

いえね、そういうわけで(どういうわけ?)
簡単に労働の義務を奪っちゃダメなんですよ。
だって憲法で明示されてる義務だもん。

リストラは基本的に最悪の方法。
給与カットはその次に最悪の方法。

前者は、生きることを困難にします。
後者は、1円カットするのも10万円カットするのも士気を低下させます。

----------
そういえば、日産がTDLのスポンサーから降りましたね。

----------
金にならない無駄な研究と思われることに、金をかけられない土壌では、現状以上の進歩はないんですよ。

はっきりいって、今回は、重症かもしれませんよ。お金じゃないから。

大学の法人化は別にいいんですけどね、無駄なことに投資する仕組みがちゃんとできてるかどうかが心配なんです。

-----------
金で人間が動くという考えは間違いであるが、金を削れば人間は動かなくなる。
これ、ほんと。

-----------
日本の復興は、個人戦じゃなくて、団体戦に強かったからなんですよ。

------------
どんな負け方をするのかな・・・。


話があっちゃこっちゃ飛びましたが、もどきの中では全部リンクしてるわけでして、明日の戦いぶりの感想につなげるわけです。